○スポンサーリンク○

シェルティ 生活

犬を飼って変わったこと

投稿日:2017-01-28 更新日:

今日は犬を飼ってみて変わったことを書いてみます。

犬を飼うのは大変なんですが、愛好者が増えるということはそれなりの理由があるからなんです。

私が思い出せるものを少し考えてみました。

外に出るようになる

朝からごそごそ行動されます。しかも、二度寝ができないです。

目覚ましで起きるのは、犬の方なんですね。そのため、ハウスに入れて寝ていても、1回起きてしまうとヒンヒン寂しそうに鳴きます。

そんなヒンヒン鳴かれると、こちらとしても感情的にもかわいそうになってくるのでケージから出してやることになります。

ハウスに入っていない時はどのようになるかというと、その辺にうろうろしていればいいんですが、顔をなめて起こしてきますよ。結局、寝ることができません。二度寝予防にはいいんですけどね。

放っておいてもいいかなと思うのですが、室内犬ですので、トイレシーツの上でうんこをしまう。うちの犬は食糞癖があるので、すぐに糞は片付けなきゃならないんです。そうするとどうしても体を起こしてしまうので、二度寝にならず、正しい生活習慣になっちゃいます。

掃除がマメになる

私は長毛種を飼っているため、毛が抜けてしまいます。ブラッシングはするのですが、どうしても毛が落ちてしまいます。そのため「目に見えて汚いなと感じる」ことが多くなり、掃除をする気が勝手に起きてしまいます。飼っていない時は汚れるのが早くないので、汚れていくことにあまり気付かないのですが、犬がいることによって早く気付かされてしまうということになるんですよね。

目に見えない程度の汚さだったら別にしなくていいかなと思うことも多くなるんですが、目に見えて汚いからこそ掃除まで頑張ってしまうようになります。しかも、掃除機をかけると埃が毛に絡んでたくさん取れてしまうんです。そうすると掃除にもやりがいを感じてしまうからまた不思議ですよ。

気持ちが優しくなる

わんちゃんを私はよく洗うのですが、いい匂いもするし、抱きしめたくなっちゃいます。抱っこもすることもあります。抱いているときにオキシトシンが出て、幸せな気持ちになるんです。不思議とイライラしなくなるんです。

散歩での効果

いつも世の中の社会で私たちはでストレスに苛まれていて、歩くことは出勤や営業のためなど仕事のために歩くことが多くなってきます。いつも仕事のことを考えながら時間を意識し動かされていることの方が、社会人には多いですね。しかし、犬と歩く時はどこに歩いてもいい、自分勝手な所に自分のペースでぶらぶら歩いていると仕事で歩くのとは感覚が変わってくるんですよね。

リラックスして歩くといろんなひらめきが湧いてくるんですよ。数学者なんかも行き詰まったら散歩をするといいますよね?これを犬を連れて私たちはやっている感じです。外はもちろん寒いし、仕事が忙しいときには辛いんですが、ある程度の余裕がある時に散歩に行く状況ができれば、犬との散歩もプラスに繋がっていきます。また、犬が嬉しそうに歩くのでかわいいんですよ。子どもが嬉しそうなら親も嬉しいって感覚でしょうかね?

犬の糞の処理できてないひとがムカつく

「犬の糞の処理は飼い主の責任で。」という看板が張っていますよね。犬を飼っていない時は被害に遭っていないので、「雨で流れるからいいじゃないか」という程の認識でしかないのですが、飼ってない地域の人からしたら憤慨するのも無理はないなと今は思います。特に健康のためにウォーキングをする人やランニングをする人にとっては、気分の良いものではありませんね。私は犬との散歩をするようになってから、市民から糞の処理をしない迷惑な人と括られてしまうと思うと悲しくなるし、きっちりやらない人を見ると良い気はしません。

表情が豊かになる

当たり前ですが犬は喋ることはできないんです。だからこそ、表情や動きで何かを表そうとしてきます。そのため、ちょっとしたことでも伝えようと必死で頑張ってくるので、そんな行動を見ていると家族の中でも笑いが起きてくるんですよ。

人間社会での付き合いとかではなく、今の居心地を素直に表現してくるので、粗相をしても犬に対しては、面倒を見てあげようとこちらも素直に思ってしまいます。

また、動物ですから悪いことももちろんします。躾として言葉ではなく、雰囲気や表情で怒っていることを表しながら躾けることが犬には大事になってくるので、その演出ができるようになってきます。 そのため、内心怒っていなくても怒るということができて、自分の中で感情もコントロール出来てしまうんですよ。近年、起こることができないとか苦手という人もいるので、こういう悩みを持つ方にとっても犬は最高のパートナーになると思います。

まとめ

私にとってはこれだけでだいぶ大きな変化に繋がっていると思います。もちろん旅行にも行きづらくなるし、お金はまぁまぁかかるのですが、それ以上のものを私はもらっているような気がしています。皆さんも疲れた体にペットからの癒しがあっても良いと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

○スポンサーリンク○

○スポンサーリンク○

-シェルティ, 生活

Copyright© 月夜がきれいな桃太郎 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.