○スポンサーリンク○

エッセイ

ブログを書いていて思うことがいろいろ出てくる。半年を振り返る。

投稿日:2017-07-16 更新日:

最初は不純な動機から始まったサイト開設

H28年の12月末日からブログを書くことを決意し、WordPressでのブログ作成に打ち込んでいる。

今日は少し振り返ってみようと思う。私の構想ではブログと新しい副業の観点からサイトを作成することを本来は目的に動き出していた。つまり、私は書くことを通して、サイトの構築方法や文章の整理、習慣づけなどいろいろな事を学ぶためにいろいろ動き出したのが発端である。

ブログの始まり。

実際に三ヶ月が一つの目安だとか、50記事から100記事が目安だとかと言うところで始めて6ヶ月しても80記事しか進んでいない。

 

ブログというものは自分の考えを整理しようと思った物でもあるし、それに付いてのページビュー数が表示される。

自分が好きなジャンルを掲載したところで、それが伸びるとは限らない。

日本のどこかで私が書いたページが誰かにちょっとでも読まれていると想うと少し嬉しくなる気持ちもある。

 

ストレスが溜まったときには怒りを発散し、自分が困ったときは記録のように残していく。

人生で日記などはつけたことはないが、自分の考えが整理され、誰かの役に立つと想えば多少の時間を使ってブログを書くことは悪いことではない。

 

パソコンの前に座り、カタカタカタカタと記事を書いていること自体が、自分にとって健康的ではないのだということもわかる。

 

パソコンの前で原稿を書くということで、人に読んでもらうために整理したり、画像を貼り付けたりと工夫をすることもある。

 

もちろん自分の考えを書くと言うだけのスタンスであれば、そこまで画像をつける必要はないのだが、わかりやすくしたほうが良いと思ったときや時間をかけて、ブログの原稿を製作するときもある。

最近は妥協して、文字での更新のみになることもたくさんあるのだが…。

下書きとしてブログを残しておかないと、その時の気持ちや考えを残せない。

思考はその場で消えてしまうことが多い。

 

だからこそ、その時考えた気持ちやその時に形にしておかないとダメなのである。

 

更新し続けていくことが大変だと感じているブロガーも多いのではないかと想う。

お金を稼ぐことも少しは考えていたのに…

お金を稼ぐことは簡単ではない。

しかも、社会経験で「働けば一ヶ月でお金がもらえるもの」とも違う。

成果もすぐには出ない。

今もその成果は上がらず、少しずつのページビューを重ねている。

 

ブログを書くことで何があるのかと言われれば、自分のしょうもない考えを誰かが聞いてくれる。

参考にしてくれる人がいるということが救いになっている。

誰かが読んでみたとしても良い、悪いも返答はない。

ただ、読んでくれたということだけ

そんな事実を私は楽しみにしている

ブログをやって気付くこと

ブログをやって気付くことは、自分がいくら社会経験をしようと大して考えずに毎日を過ごしているということ。

この薄っぺらい自分で考えているつもりだけども、あまり世の中についてわかっていないことに気付く

こんなに文章を書くのが大変なんだ。最低でも1000字くらいは書くようにしているが、原稿用紙2枚以上を好きなことを書いて良いといわれてもなかなか難しい。

Twitterの見方も変わってくる。

一言なら誰でも文章を書くことができるということ。

考えとして書く作文など、大人は小学生以来していないんじゃないだろうか。

ブログを書いていくということで改めて気付くのだが、文章を書くという労力は並々ならぬ精神力なのだということ。

 

読んでもらうための努力をしている人の大変さを実感できる。

言葉尻一つとってもそのように感じられる。

 

そしてもう一つ思うことは、自分がこのパソコンに向かう作業を一生の仕事にしたくはないということである。

 

人と関わりながら生活することが人として大事なことだと実感できる。

 

このブログを書く作業で、8時間程度椅子に座っていることも私はざらである。

 

本格的なパソコン作業をしている人は、それでそれで尊敬するのだが、何か社会的な常識が欠けているのかな?と思うこともある。

今後の副業としてサイト

私が結果を出さなければ、負け惜しみでしかないのだが、結果を出してその言葉に力を込めたいと想う。

 

こういったインターネットでの記事を書いて、もし収入が入ったらどうであろう。

お金が入ることにより、見える景色が変化するのではないかと思う。

 

今まで安定で収入を得ていたが、収入が安定しないことで働くことの意味が変わってきた。

 

安定的な収入を得ることができないからこそ、新しい見地を見ることができるかもしれない。

 

安定収入を一旦辞めるような状況もありかも

やることが変わることによって苦しむポイントが変わってくる。

ポイントが変わることによって、新しい発見に繋がっていく。

 

トライアンドエラーを繰り返していくことが、人生において大事なことだと改めて感じさせられる。

 

多くの社会人は決まったことを追われるようにさせられて生きていく。

そのことに疑問を持つこともなく生きていくことになる。

 

  • やらされている人生それでいいのか?
  • それとも違う収入を得る方法を考えて生きるの?

 

どの人生を歩むかどうかは自分次第だ。

 

お金に余裕があるときっと自分のしたいことをしなければならないとどんどん思うようになるだろう。

自分が今30歳の節目を迎えて、同じ安定した30年をすごすのは辛く感じてしまう。

人生を何かにかけながら生きていくのも悪くない。

まとめ

違うことに挑戦して、じっくりやっていけば形になっていく。

 

まだまだ多くの挑戦をしていきたい。

 

ブログは好きなことをかいていい。

 

見られる、見られないは別としてもである。

自分の好きな形式で文章をかけるのはおもしろい

 

これからも浅はかな自分に少しでも頭を使いながら、いろいろ思考をしていきたいと思っている。

 

みなさんもブログを始めてみると新しい発見があると思いますよ。ぜひ始めてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

○スポンサーリンク○

○スポンサーリンク○

-エッセイ

Copyright© 月夜がきれいな桃太郎 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.