○スポンサーリンク○

教育

学校のクラス替えってなにで決まるの?基本的な考え方の話

投稿日:

クラス替えの最初の叩き台は?

実は言うと成績で一旦順番別に並べられるんです。

学力テストや定期テストの合算などです。

ここはどこまででの試験範囲を用いるかは各自治体によるでしょう。

叩き台はそれで完成です。

そのため、平均点で低いとか高いとかはなくなります。

(もちろん、高校では理系や文系で差は出ますが、履修科目の選択などで変更します。中学校では全員が同じ教育を受けるので、また違います。)

成績の点数順の後に次の項目で振り分けます

まずは年明けくらいにクラス替えの資料を各担任が作ります。

  1. 生徒の配慮をどうするか
  2. 保護者が問題ある人か
  3. 主張ができない子には主張できる友達をつけてあげる。
  4. リーダーシップがある男女を入れる。
  5. 授業の邪魔ばかりする人を各クラスに入れる。
  6. ピアノが弾ける人をクラスに入れる。
  7. 小学校の引き継ぎで一緒にしてはいけない生徒を離す。
  8. 双子・従兄弟は一緒にしない
  9. 仲が良すぎて悪い影響を及ぼす場合は離す

たまに保護者から不良を一カ所に集めてほしいとのクレームもきますが、それはできません。

なぜかというと担任の負担が大きくなりすぎるからです。

 

学校側から伝えることはトラブルになるので言うことはありませんが、授業の進行を妨げる生徒は基本的に保護者に問題があります。

家庭での協力を仰いでみても基本的に協力してくれません。

というよりも正しく言うと、協力する以前に、教育できないんです。

だから妨害をしないとダメな子が生まれているんです。

 

学校の担任からそういった問題を起こす保護者に連絡しても、話しが通じないので担任の気持ちがやられていきます。

複数いればなおさらです。

副担任がいるから大丈夫って言うことにもならないんです。むしろ副担任がしっかり助けてくれるかはわからないので、負担になってる可能性もあります。

そのために問題行動を起こす不良クラスを作ることはできず、各カラスに分散しなければならないという理由ができるんです。

高校では退学措置ができますが、以前管理職の中では退学者が出たら校長の力がないと判断される傾向もあるようで担任の指導力がないと担任を板挟みにして潰すこともあります。

ここは教育業界の闇です。

担任の先生に一言言っておくと備考欄に配慮を入れてくれる可能性があります

中学校の話に戻りますが、基本的にはそういった中でクラスが決められていきます。

生徒から担任に伝えておくと、力がある担任というか煙たがられてるけど図々しく意見を言う先生がいると割と好きな人と組ませてくれる可能性が高いかもしれません。

といっても、そこまで協力してくれる先生かの判断は生徒や保護者にとっては難しいと思いますが。

 

仲のいい人とクラスになりたいというのはよくわかりますが、

生徒同士が仲が良すぎるのも集団教育では大変になるので外される傾向にあります。

また、生徒同士で仲が悪すぎるというか、いじめになりそうな、一方的に攻撃する人も離されます。

つかず離れずで良い影響を与えるもの同士だと一緒になるかもしれません。

変更するときは配慮事項と何を照らし合わせる?

生徒を成績順で並べるので、変更するときは同じような点数の人を変更します。

この子だったらどちらのクラスでも問題ないとされる事が多いので、点数で調整することになります。

 

そのため、結局どのクラスにも問題児がいて、どのクラスにも優秀な人がいるとなります。

 

運動能力は加味されてないので、運動ができる学級ができてもおかしくはないでしょう。

担任の決め方は?

担任は4月に決まるので、だれがなるかはわかりません。

大変だったクラスを受け持っていた人は次年度少し楽なクラスを持たされるなどの配慮は学校によってあるみたいです。

まとめ

秋くらいからクラスが嫌でしょうがないという人がいたら少しずつ担任に考えを伝えていくと良いでしょう。

少しは心情が働いて、合わせてくれる可能性があります。

クラス替えも戦略的に行く方法は担任の先生をいかに動かすかによるので、社交的な技術をつけて、動かしていくと良いでしょう。

○スポンサーリンク○

○スポンサーリンク○

-教育

Copyright© 月夜がきれいな桃太郎 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.